いきなり問題集を解くことから勉強を始めると最短時間で試験でいい点数がとれるようになるって本当?勉強法③

勉強するということは、具体的には、

まず教科書を何度も読んで基礎的な知識を理解し、

教科書だけでは分かりにくいというところは参考書で調べて覚え、

最後に問題集を解いてみて、ちゃんと理解できているかどうかをチェックする。

というふうに一般的には理解されているようです。これこそがいわゆる勉強法の王道と言われるやり方ですね。

でも、勉強法の中にはちょっと変わった、意外な勉強法というのもあるんです。

今回ご紹介するのは、その意外な勉強法のうちでもチャンピオンクラスといってもいいくらい意外な勉強法です。

それは、教科書を読む前にいきなり問題集を解くことから始める、という勉強法です。

「いきなり問題集を解く」から「イキなり問題勉強法」、略して「イキ問勉強法」とでも名付けておきましょうか。

「イキ問勉強法」、はたしてそんなムチャな勉強法って、本当に効果があるんでしょうか?

教科書を読む前にまず問題集を解くことから始めるって、本当に大丈夫なの?

「イキ問勉強法」(「イキなり問題勉強法」)は、教科書で学ぶ前に、いきなり問題集を解くことから始めます。

ということは、その単元の基礎知識が全くない状態で問題を解き始めるということですよ。

でも、基礎知識が無くていきなり問題を解こうとしても、正しい答えが分かるはずがありませんよね。

まぐれで、あるいはたまたま知っていた知識があって、少しは正解できたとしても、実際には何が何だか分からない状態でしょうから、ほとんどの問題に答えることができないでしょう。

「そうか、そこで改めて教科書に戻って、基礎的な知識を学び始めるのか」って、思いましたか?

違うんです。

「イキ問勉強法」は、問題を解いた後、すぐに問題の答えを見てその答えを覚えることから始めるんです。

つまり、問題文と答えをそのままそっくり覚えることから勉強を始める、というのが、この意外な勉強法のやり方なんです。

「王道の勉強法」と「イキ問勉強法」とでは勉強のやり方がどう違うの?

いわゆる「王道の勉強法」というのは、その単元の学習事項を基礎から一歩一歩、段階を踏んで学んでいきますから理解がしやすく、学びが進んでいくほど深い理解に達することができます。

教科書に書かれている学習事項は必要最低限の内容ですから、それを全部理解して覚えるためには一番いい、理想的な勉強のやり方です。

それを実行するためにはある程度の努力が必要ですが、その見返りとして、学ぶ喜びを感じることができます。

今まで知らなかった知識を得ることができて目が開かれた、という喜び、

今まで疑問に思ってきたことがこれでやっと解決できたぞ、という歓喜、

そうか、そうだったのか、こういうことだったのか、と理解が深まった時の至福感、

そういったことが「王道の勉強法」では味わえます。

しかし、「イキ問勉強法」では、そういった喜びを味わうことはできません。

途中の段階が無くて、いきなり結論を覚えるんですから、喜びを味わっている暇がありません。

しかし、一つだけ間違いないこととして言えるのは、この「イキ問勉強法」は、試験でいい点数を取るための最も効率的な勉強法だ、ということです。

学ぶ喜びを捨てる代わりに、最も短時間で試験でいい点数が取れるようになる勉強法なんです。

なぜ「イキ問勉強法」は最短時間で試験でいい点数を取ることができるようになるの?

「イキ問勉強法」のやり方を、分かりやすく例えるならば、

RPG(ロールプレイングゲーム)で、いきなり「攻略本」を読んでからゲームをプレイする、というやり方です。

これなら最短時間でゲームを攻略できます。

ボスキャラの倒し方を知ったうえでボスキャラと闘うわけですから、あっという間にボスキャラを倒せます。

最初にこのアイテムをここで手に入れて、次にこういう方法でこのアイテムを使い、最初のボスキャラの攻撃をこう防いで、相手の三回目の攻撃の直後にこのアイテムでこう攻撃すればボスキャラを倒せる!

ゲームを始める前に、すでに攻略法を知っているわけですから、いとも簡単にゲームを攻略できてしまうわけです。

しかし、普通にゲームをプレイする場合とは違って、ゲームをする楽しみは味わえません

いきなり「攻略本」を読んでからゲームをプレイするのは、ゲームを楽しむことが目的なのではなく、最短時間でゲームを攻略したいからです。

そうすれば友達に「オレ、もうゲームを攻略しちゃったぜ」と自慢できるからなんです。

ゲームをプレイする喜びを味わう代わりに、最短時間でゲームを攻略することが目的なのです。その方が友達に自慢できるからです。

そうです。「イキ問勉強法」とは、いきなり「問題の攻略法」を読んでしまうという勉強法なのです。

だから、最短時間で、試験でいい点数を取ることができるようになれるんです。

勉強する喜びを捨てる代わりに、最短時間で試験でいい点数がとれる方を選ぶということです。

決しておススメできるような勉強法ではありませんが、でも間違いなく、最も短時間で試験でいい点数がとれるようになる勉強法です。

いわば、禁断の、許されない、好ましくない、非常識な、あるまじき、とんでもない、勉強法なのです。

あなた、試してみたいですか?

でもここでハッキリお断りしておきます。

もしあなたが、この「イキ問勉強法」を試してみて、その効果に自ら驚嘆し、友達から驚異の眼差しで見られるようになり、親兄弟から誇らしげに見られるようになってしまい、もうやめられなくなってしまったとしても、

当サイトでは一切責任を負いませんので、ご承知おきくださいませ。

当サイトでは、あくまでも、勉強する喜びを味わえる「王道の勉強法」をおススメしているのですから。

・・・

次回記事志望校の過去問は受験勉強の期間中のどの時期に解くのが一番いいの?受験勉強②

前回記事:入学試験のためには教科書以外に参考書を買う必要はあるの?受験勉強①

勉強法のカテゴリーへ

コメントを残す

このページの先頭へ